様々な避妊テク

様々な避妊テク

様々な避妊施術
おめでたの組織を学んだ界隈で、次は避妊施術だ。

 

 

口径避妊薬(OC)
女房ホルモンが含まれた錠剤を四六時中服用する事で、おめでた中に間近いペースを作り出します。

 

その為、排卵が御法度・精子の子宮一つ参加の御法度・子宮一つ膜に着床がしにくい状態になります。海外では主流の避妊法で、きちんと使用すれば、約99.9百分比の避妊割合を誇ります。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

 

避妊テクニック(男女)
男子、女房どちらかが、施術にて精管や卵管といった精子や卵子の通り路を切断する事によって、避妊を行う施術だ。

 

一度、施術を行えばおよそ100百分比という避妊が可能ですが、施術をとにかくしてしまうとお子さんが作れなくなってしまうので、ネクストジェネレーションお子さんを作らないことを前提として立ち向かう必要があります。

 

 

子宮一つ避妊具(IUD)
子宮一つ避妊具を子宮内に挿入する事で、受精卵の着床を防ぐ施術だ。ピルと対等以上の避妊効果があります。

 

一度、設置すればしばしにわたり効果が持続しますが、発足や取り払いは医者として買う必要があります。

 

また、分娩経験のない女性には向いていません。メンス痛が悪化したり、メンスによる出血数量が変化したり、副作用等もあります。

 

 

コンドーム
男根に装着する事で、精子が腟内に入るのを防ぐ施術だ。

 

避妊に失敗する可能性も激しく、避妊具というよりは性感染症護衛に効果を作動行なう。

 

 

殺精子剤
精子の行為を殺す薬剤を、セックス前に腟内に挿入します。避妊に失敗する可能性も激しく、副作用も懸念されています。

 

その他、リズム法と呼ばれるおめでたしやすいステージを逆算し、そのピークはセックスを控えるといった施術もありますが、あくまでも逆算としてリライアビリティはありません。

 

オギノ型や、基礎体温法などが有名です。

 

ピル通販TOPへ